ピッキングもなんのその!鍵紛失時や防犯対策にはこのシリンダーでOK

鍵交換するならコレ!おすすめのシリンダー

防犯性が高い鍵の需要が高まっている昨今、いろいろなタイプのシリンダー・鍵が販売されるようになりました。そこで、今人気のある鍵をいくつか紹介したいと思います。

この鍵があれば犯罪防止にもなる

MIWA U9
ピッキング対策をされた鍵の中で最もポピュラーな鍵、それがこのMIWA U9です。ピッキングによる不正解錠に強く、安価で合鍵も簡単に作ることができるという特徴があります。
MIWA PR
MIWA U9と同じ構造で作られていますが、防犯性はこちらのほうが上です。また、合鍵の作成はメーカー対応となっているので、万が一鍵が誰かに拾われるようなことがあっても、勝手に合鍵を作られる恐れはありません。ただシリンダーの構造上、ゴミを取り除くために定期的に掃除をする必要があります。
ロイヤルガーディアンEX
ロイヤルガーディアンEXは、ピッキングによる不正解錠が一切できない作りになっている、類まれな防犯効果を持つ鍵です。どんなに時間をかけてもピッキングされることはありません。それだけでなく、サムターン回しやドリルによる破壊なども防げます。合鍵の作成は持ち主のみできるようになっています。
カバスターネオ
カバスターネオは一見通常のピッキング対策鍵に見えますが、超硬ピンを採用している、とにかく丈夫さに優れた鍵です。ドリリングによる鍵穴破壊にもしっかり耐えてくれます。リバーシブルタイプとなっているので、使い勝手にも長けています。

事前に費用を把握しておこう

鍵交換における料金は、業者や鍵の種類などによって大きく異なります。だいたいの料金の目安を把握した上で業者選びを行なうようにしましょう。

鍵交換をする人へ~目安を確認して業者を選ぼう~

計算

鍵交換を業者に依頼してやってもらう場合、作業費や部品代、出張費などの料金が発生します。目安として、出張・作業費で1~1.5万円、部品代で1~3万円と考えておくとよいでしょう。防犯性の高い最新式の鍵に交換した場合、幾分目安額より高くなるでしょう。業者に頼まず、ホームセンターで部品や工具を揃えて自分で作業を行なう、という選択肢もありますが、やり方や買うものを間違えてしまうと後々トラブルを引き起こしたり余計な費用が発生したりする可能性があります。業者選びを行なう際は、在庫を豊富に持っており、実績が確かなところを優先的にピックアップしましょう。

TOPボタン